「エイジド スマトラ」とは!?【エデュケーションカード】

スポンサーリンク

aged SUMATRA(エイジド スマトラ)

生産国 インドネシア
生産地/生産者 スマトラ島
標高 1,100-1,400m
加工法 半水洗式
キーワード ・バルサムのような香り
・ココアや大地を思わせる風味
・タバコのような甘み
酸味 LOW (少ない)
コク FULL (しっかり)
相性の良い風味 メープル、ハーバルスパイス

エデュケーションカードより引用

生産地

生産地の「広域地図」と「拡大した地図」を載せておきます!

エデュケーションカードに登場する単語の解説

エデュケーションカードには普段聞き慣れない言葉が出てくることが多いです。
本エデュケーションカード「aged SUMATRA(エイジド スマトラ)」に登場する普段聞き慣れない単語の解説をしておきます。

バルサムとは?

aged SUMATRA(エイジド スマトラ)のエデュケーションカードにはバルサムのような香りという表現があります。
バルサムという単語は普段聞かない単語なので、聞いたことがないという方がほとんではないでしょうか?

バルサムとは、樹木が分泌する樹液のことで強い香りがあるものです。松脂、松ヤニもバルサムのうちの1つです。

エイジド(エイジング)とは?

「aged SUMATRA(エイジド スマトラ)」の名前の通り、このコーヒーは、エイジドコーヒーです。
エイジドとは、エイジングのことで熟成という意味です!

エイジドコーヒーは、熱帯気候で3~5年熟成させた生豆で作ったコーヒーのことです。

スターバックスで販売されていた時期

「aged SUMATRA(エイジド スマトラ)」は、スターバックスリザーブ取り扱い店で2017年11月8日から販売されていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする