「ホンジュラス ラ カンパ」とは!?【エデュケーションカード】

スポンサーリンク

エデュケーションカード

HONDURAS LA CAMPA(ホンジュラス ラ カンパ)

生産国 ホンジュラス
生産地/生産者 ラカンパ村
標高 1,540m
加工法 水洗式
キーワード ・カラントやプラムを思わせる風味
・キャラメルのような甘み
酸味 MEDIUM (ほどよい)
コク MEDIUM (ほどよい)
相性の良い風味 塩味のあるキャラメル、穀類を使用したペストリー類
 エデュケーションカードより引用

生産地

生産地の「広域地図」と「拡大した地図」を載せておきます!

ホンジュラスのラカンパ村

エデュケーションカードに登場する単語の解説

エデュケーションカードには普段聞き慣れない言葉が出てくることが多いです。
本エデュケーションカード「HONDURAS LA CAMPA(ホンジュラス ラ カンパ)」に登場する普段聞き慣れない単語の解説をしておきます。

カラントとは!?

落葉小低木で、レッドカラント、ブラックカラントがあるようです。スグリともいう。
わかりやすい例えだと、干しぶどうに使われるの品種の一種。ブラックカラントは「カシス」のことらしいです。

プラムとは!?

ばら科の落葉高木で、西洋スモモのことです。西洋スモモの中でも紫色で楕円形の品種のことをプルーンと言うようです。

ペストリー(ペイストリー)とは?

ペストリー(ペーストリー、ペイストリー)とは、ケ-キやパイの総称で、小麦粉を水や卵で練ったお菓子。タルトやパイなどの菓子パンのこと。

スターバックスで販売されていた時期

「HONDURAS LA CAMPA(ホンジュラス ラ カンパ)」は、2017年12月26日から販売開始されました。
そして、スターバックスリザーブ取扱店で現在も販売中です。2018年2月4日現在

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローする